ほくろをキレイに除去したいなら

「ほくろを取りたいけれど、札幌だとどこがおすすめ?」
「傷痕は残らないの?」

 

このサイトでは札幌でほくろをキレイに取れる美容クリニックを紹介しています。

 

特に顔のほくろの除去をお考えでしたら、除去後のお肌がキレイになる美容外科が良いでしょう。

 

ほくろの除去の種類

まずは簡単にほくろ除去の種類を紹介します。

 

外科手術

局部麻酔した後に、ほくろとその周辺の皮膚をメスで切除して縫合します。

 

メリット

  • 直径5o以上の大きなほくろに有効。
  • ほぼ1回で取り除くことができて、再発しにくい。
  • 根が深いほくろもキレイに除去できる。
  • 取り残しがないか確認できる。
  • 病理検査ができるので良性か悪性かを調べられる。

 

デメリット

  • 傷が治る・目立たなくなるまでに時間がかかる。
  • ほくろの大きさよりも大きめ(3〜4倍)に切るので場所によっては傷跡が目立ってしまう。
  • 小さいほくろには向いていない。

 

 

電気メス(高周波メス)

ほくろを削り取るように除去します。

 

電気メスでほくろの表面を削り取ることができると毛根を傷つけません。

 

眉毛など毛の生えているところに使用すると傷跡が上手く隠れます。

 

メリット

  • 盛り上がっているほくろに有効。
  • 直径2o以下の小さなほくろなら1回で除去できる。
  • 治療時間が5〜10分くらいで短時間。
  • 手術中の出血がほとんどない。

 

デメリット

  • くりぬいた時に、皮膚の底部分に焦げができる。
  • 取り残しができるので再発する可能性がある。
  • 大きいほくろだと傷跡が大きすぎてキレイに塞がらず、陥没してしまう。

 

 

レーザー

レーザー治療には皮膚を削り取るタイプと削らないタイプがあって、どのレーザーが向いているかは、ほくろの形や大きさで決まります。

 

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

 

メリット

  • 削り取るタイプのレーザーです。
  • レーザーで皮膚を焼き取るので盛り上がったほくろに有効。
  • 縫合しなくていいので短時間で治療できる。

 

デメリット

  • 直径は5〜10oくらいの大きさが限界。
  • 根が深いほくろは除去しきれない。
  • 悪性のホクロの場合は使えない。

 

大きなほくろ、根が深いものは傷跡が凹むことがあるのであまり向いていないようです。

 

そのためほくろ全体を取り切れず、再発することがあります。

 

クリニックによっては保証期間を設けていて、期間内に再発した場合は無料で再手術が受けられるところもあります。

 

ほくろの組織を吹き飛ばすので病理検査できないことから、悪性のものと判断された場合にも使えません。

 

 

Qスイッチレーザー

削らないタイプのレーザーです。

 

ほくろの色素(メラニン色素)を除去します。

 

メリット

  • 色を除去するだけなので平らなほくろに有効。
  • 傷が残らない。
  • 短時間でできるので、複数のほくろを一度に治療できる。

 

デメリット

  • 治療が1回では終わらない(約5〜6回)
  • 根が深いものは完全に色は消えない。

 

 

札幌でほくろ除去がおすすめの美容クリニック5選

品川スキンクリニック

札幌でほくろ除去|きれいに取れるおすすめの美容クリニック5選

 

美容クリニックでポピュラーな電気メスがとにかく安くおすすめです。

 

大きなほくろだった場合も切開して取り除く切除縫合法になりますが、こちらも比較的安いので料金を抑えたい方には嬉しいですね。

 

ほくろ除去では対象になりませんが、他の施術も併用するなら料金が20%OFFになるBMC会員がお得!

 

ほくろ除去の料金(税別)
電気メス 1mm 4,860円
切除縫合 1mm 8,750円

 

品川スキンクリニック 札幌院の詳細

札幌市中央区北4条西5-1 アスティ45ビル2F
【電話】 0120-891-300
【診療時間】 10:00〜19:00
【アクセス】 札幌市営地下鉄南北線さっぽろ駅より徒歩3分
JR札幌駅南口より徒歩5分

 

 

 

 

 

 

聖心美容クリニック

札幌でほくろ除去|きれいに取れるおすすめの美容クリニック5選

 

聖心美容クリニックは大きくないほくろは電気メス(電気凝固法)で取る方法がメインになります。

 

一般的に見てかなり目立つ大きなほくろは切除縫合できれいに取り除いてもらえます。

 

小さなほくろをたくさん取りたい場合はレーザーによる治療を選択されるケースもあるようです。

 

ほくろ除去の料金(税別)
電気メス 1mm 9,800円
切除縫合 1cu 30,000円〜

 

聖心美容クリニック 札幌院の詳細

札幌市中央区北5条西2-5 JRタワーオフィスプラザさっぽろ15F
【電話】 0120-911-935
【診療時間】 10:00〜19:00
【アクセス】 JR札幌駅 直結

 

 

 

 

 

 

札幌中央クリニック

札幌でほくろ除去|きれいに取れるおすすめの美容クリニック5選

 

エルビウムウヤグレーザーや炭酸ガスレーザーがありますので、小さなほくろをたくさん取りたい方にはおすすめです。

 

その他、電気メスや切除縫合にも対応しているので、どんなほくろでも安心です。

 

ほくろ除去の料金(税別)
エルビウムヤグレーザー 1mm 4,000円
炭酸ガスレーザー 1mm 10,000円
電気メス 1mm 4,860円
切開 1mm 12,000円

 

札幌中央クリニックの詳細

札幌市中央区大通西2丁目5番都心ビル4F
【電話】 0120-013-909
【診療時間】 10:00〜18:00
【アクセス】 札幌市営地下鉄 大通駅19番出口直結
中央バスターミナル 徒歩5分

 

 

 

 

 

 

札幌シーズクリニック

札幌でほくろ除去|きれいに取れるおすすめの美容クリニック5選

 

札幌シーズクリニックはシミやたるみなどのエイジングケアに注力しているクリニックですね。

 

ほくろを取るついでにシミやしわなどで相談したい人にはおすすめのクリニックです。

 

ほくろ除去の料金(税別)
炭酸ガスレーザー 1mm 10,000円
切開 1mm 8,750円

 

札幌シーズクリニックの詳細

札幌市中央区北1条西3丁目3?27 札幌北1条駅前通りビル4F
【電話】 011-222-1403
【診療時間】 10:10〜13:30/14:30〜19:10
【アクセス】 地下鉄札幌駅7番出口すぐ

 

 

 

 

 

 

 

大塚美容形成外科

札幌でほくろ除去|きれいに取れるおすすめの美容クリニック5選

 

大塚美容外科では3種類の方法から選ぶことができます。

 

ほくろ1個10,000円〜という料金設定になっているので、やや割高な印象がありますね。

 

たくさんほくろがある方は他クリニックの方が料金を抑えられるかも知れません。

 

ほくろ除去の料金(税別)
炭酸ガスレーザー 1個 10,000円〜
電気メス 1個 10,000円〜
切除縫合 1個 50,000円〜

 

大塚美容形成外科 札幌院の詳細

札幌市中央区南3条西3-10 三信ビル7F
【電話】 011-242-1611
【診療時間】 10:00〜17:00
【アクセス】 地下鉄すすき野駅1番出口徒歩1分
阪急京都線 河原町駅徒歩3分

 

 

ほくろ除去で失敗しないために注意すること

せっかくほくろを取ったのに、元のほくろより傷の方が目立つなんて嫌ですよね。

 

「失敗した!」なんてことにならないよう、手術を受ける前後で注意するポイントをお伝えします。

 

医師の技術不足で傷跡が目立つ

レーザー治療の場合、医師が未熟だとほくろ以外の部分にもレーザーを当ててしまうことがあります。

 

とにかくほくろが取れれば後はどうでもいい、という大雑把な医師もいるでしょう。

 

ほくろの状態に合った治療をしてくれる、そして技術が確かである医師を選びたいですよね。

 

ほくろ除去に限った話ではありませんが、カウンセリングは複数のところで受けてください。

 

クリニックや医師の雰囲気をしっかりチェックしてから決めましょう。

 

この人になら任せられるという医師を見つけるのがリスクを回避する確実な方法です。

 

 

ほくろを除去した部分が赤くなる

これは傷が治っていく過程で起こる反応です。

 

小さいほくろの場合は1〜2週間。

 

大きいものなら3〜4週間くらいで傷が治っていき、次第に赤みは引いていきます。

 

ニキビ跡の赤みが治りにくい人や敏感肌の人は、術後の赤みが引くまでに時間がかかるようです。

 

傷の治りが早く、赤くならずに灰色になる人もいるようです。

 

これも傷が治っていく過程で起こるものなので失敗ではありません。

 

 

必ず医師の指示に従う

  • 処方された薬を適切に使わなかった
  • テープなどで傷跡の保護をしなかった
  • かさぶたを無理にはがした

 

…など、患者さん自身が原因で傷跡を目立たせてしまうケースがあります。

 

傷を縫合した場合、キレイに治したいのであれば1ヵ月以上テープで保護する必要があります。

 

術後、もし傷跡が痛んだり痒みがひどいなど、不安な症状があればすぐ医師に相談しましょう。

 

TOPへ